湘南都市構想2022中間発表会

松下幸之助の思想を学ぶ
参加者180人の投票による政策コンテスト開催!

「湘南都市構想2022」中間発表会とは

2012年12月2日に、松下政経塾の講堂で「湘南都市構想2022」中間発表会を開催し、180人を超える地元の方々にご参加いただきました。当日は、各分科会のリーダーから提言内容をプレゼンし、参加者の投票により最優秀賞を決めるという「政策コンテスト」を開催しました。優勝は防災・交通分科会。併せて松下政経塾見学ツアー、松下政経塾政経研究所・金子一也所長の基調講演及び第31期生の片山清宏の塾生発表が行われました。

DSC_1033

教育・スポーツ分科会

次の8つのプロジェクトを発表しました。①「郷土を学ぶ「湘南学」の導入」、②「自ら考え身を守る防災教育の推進」、③「世界で生き抜く湘南人の育成」、④「保護者のしつけ力向上プロジェクト」⑤「湘南食育活動の推進」、⑥「「湘南スポーツアカデミー」の創設」、⑦「官民連携スポーツプログラム」、⑧「マリンスポーツ日本一のまちプラン」。その中で、①と⑥を重点プロジェクトとしました。

観光・産業分科会

次の9つのプロジェクトを発表しました。①「海・眺望・体感!アドバンテージを生かした新たな観光つなげよう!」、②「海とSATOYAMA観光」、③「日本初「ブルーフラッグ」の国際認証取得」、④「海岸の総合的学問「海岸学」」、⑤「冬でも賑わうの提唱」、⑥「楽しい湘南海岸地区の創出」、⑦「ロボット・リビングラボ・新産業への展開」、⑧「環境先進都市湘南!「サスティナブルスマートタウン」」、⑨「圏央道・渚の駅に始まる新たな観光拠点の整備」。その中で、①と⑦を重点プロジェクトとしました。

医療・福祉分科会

①「50歳から地域に居場所がつくれる「湘南大人大学」の開校」と、②「介護・育児が日本一しやすいまちプロジェクト」を重点プロジェクトとしました。「50歳から地域に居場所がつくれる「湘南大人大学」の開校」は、50歳以上の湘南が好きで湘南で活動する「大人」が対象で、 正式な「大学(学校)」でなく、楽しいカリキュラムを寄付講座中心に(例:酒・料理・地域史…)、学校の空き教室・お寺等の場所を利用して行う学びの場で、個人の健康づくりと地域福祉の推進を図る取組です。

防災・交通分科会

次の8つのプロジェクトを発表しました。①「市民全員が防災スペシャリストプラン」、②「地域防災10日間プラン」、③「津波避難ビル充実大作戦」、④「湘南全域サイクリング道路整備計画」、⑤「海上交通「湘南シーバス」導入プラン」、⑥「8m道路の推進」、⑦「夏場500円課金制度」、⑧「通学道路安全対策“コミュニティゾーン”」。その中で、①と④を重点プロジェクトとしました。