海岸に関する 国際認証基準取得事業

ブルーフラッグ取得促進事業

IMG_0546きれいで安全で活力ある日本の海岸環境を実現するため、海岸の国際環境認証基準「ブルーフラッグ」を普及促進させます。

ブルーフラッグとは?

4Denmark1-320x211ブルーフラッグとは、FEE(Foundation for Environmental Education:国際環境教育基金)が実施している海岸の国際的な環境認証制度です。FEEとは、世界68の国と地域に加盟組織のある世界最大規模の環境NGOの一つであり、安全、衛生・清潔、美観、環境保全などの一定基準をクリアした海岸は、FEEから認証を与えられ、その証明であるブルーフラッグをビーチに掲げることができます。1985年にフランスを発祥として生まれ、その高いステータスと来訪客の誘引力により、現在、世界48の国と地域、約4,000か所で認証されています。日本の海岸での認証事例はまだありません。

13fcf4e127c083c19b44c92efa9e6403-308x320

3AgProkopios1-320x240


[ 認証基準 ] (例)

環境教育・情報
BFプログラムの提示、ビーチ利用者への環境教育活動、水質・環境情報の提示、地図の設置、行動規範の提示

水質
海水の水質調査、水質基準のクリア、産業用廃水・下水の処理、微生物・ごみ等の浮遊物の基準値の達成

環境マネジメント
ビーチ管理委員会の設置、規制順守、ごみ箱の設置、トイレ・洗面所の設置、ペット管理、サンゴ礁保全

安全性・サービス
交通手段、ライフガードの設置、緊急救護施設、安全対策、身体障害者向けアクセスと設備、飲料水の提供

ブルーフラッグ認証の取得を目指すことは単なる海岸美化活動ではありません。沿岸地域には、水質保全、衛生管理、観光、商業、漁業、マリンスポーツ、環境教育、河川・津波対策、景観保全、交通渋滞、騒音・治安問題など多くの課題が集約されています。このような複雑な問題を地域から自発的に解決していくために、湘南ビジョン研究所では、地域がブルーフラッグ認証取得という一つの大きな目標を掲げることによって、行政を含め各種団体がお互いに連携するきっかけとなり、地域が一体となったまちづくりを実現していくことを目指しています。ブルーフラッグの基準をクリアするのは大変困難です。しかし、だからこそ目指す意義は大きいと考えています。湘南海岸でのブルーフラッグの取得をめざすとともに、これを日本の全国の海岸へ普及させ、きれいで安全でさらに活力ある日本の海岸環境の実現をめざしていきます。